ホーム > 井上自動車ブログ

井上自動車ブログ

2月も押し迫り~

今月も大分押し迫り感がでてきた。 予定もめいっぱいで ご予約、ご用命のお客様、お取引様本当にありがとうございます。 

 

今回は、最近では若者?にも人気のハイゼットを最初に紹介。 室内は広く、リクライニングも可能。 それでいながらしっかりとナガモノも敷ける構造。 そして限定色。 今回はこれに縞鋼板をとことん貼り巡らせる。  今後、車高UPとインチUPも施し、畑で働く車両のカスタムカーが完成する予定だ。  笑

1487069469697.jpg

 

縞鋼板は、事前に採寸し、折り曲げ加工までバッチリ!!

1487069462240.jpg    

これをしっかりと貼り付けていく。 ダンプ形状とは違い、鉄板の厚みが若干薄いため、タップ加工はほとんどの箇所でできない。ナッター、リベットなどの出番が多そうだ。 

 ※ちなみに、アルミ、鉄など 大型なものから、折り曲げ加工、レーザー加工など多岐にわたり施工が可能です。  必要があれば当社へご用命ください。  希少な2本線もあります。

 

 

続いて先日より実施している床板骨交換作業は、フック穴加工も終わり、組み付けまで無事終了したのたが、、残すは約600発のクギ打ち。。。

1487069512318.jpg

2トンロングの車両と合わせると約1000発。。。。    いい方法を考えるがこればかりは・・・・・・誰かやりませか?????    

 

 

そして、またまたフレーム補強修理。 今回は大型バスのRメンバーだ。 詳細をとっていこうとしたのだが、時間がなくコレ一枚のみ。

1487069475797.jpg

本題のセンターメンバーは中央部の下から上に伸びている、と~ってもゴッツイヤツ。 それなりのゴツイので製作した。 ガッチリとめて安全を確保しないといけない。   

当社の前を通りかかった学生さんが、「自分たちの遠征のバスだ!!」   「整備宜しくお願いします!!」 と礼儀正しく頑張れる一言を頂いた。     

  

このようなメンテナンス施工もせず、走行しているバスも多くいるとおもうが、当お客様の車両はあらゆる面でメンテナンスが行き届いていて安心できる車両ばかり。  その分整備もしやすい!   

 

  本日無事完了!!     遠征がんばって!!

 

  

 

2月もそろそろ中盤

大分寒い日が続いているが、みなさん体調管理には気をつけていきましょう。

 

当社は非常に、風通しがよく、場所によってはフルに風を受け止めながら作業をしている感じだ。  空間が大きいため仕方がないが、先日の強風は大分こたえた。

 

今回紹介するのは、ニッサン シビリアンを改造したキャンピングカーに、軽自動車を改造したケータリングカー

1486547183758.jpg

1486547192326.jpg

シビリアンのほうは外板FRPの修理  わざわざ成田方面からおこしいただいた。 

キャンピングカー室内はかなり充実している。   憧れる一品だ。

 

軽のケータリングカーは製作後の新規登録。  もとは軽自動車だが、高さの関係で普通車としての登録となってしまう。   一度軽自動車を廃車登録してからの登録のため、少し手間がかかる。

ハイマウントブレーキの加工取付けを行い、室内作業台の高さを保安基準にあわせ作製していく。  明日登録のための予備検査を受ける予定だ。

 

同時に現在 床板、ネタ交換作業を行っているが、こちらはやはり時間がかかるのだが、前倒しで進めていく必要がありそうだ。。

1486547228682.jpg

1486547207977.jpg

働く車は、早く市場に送り出す必要があり納期が大変だが、ゆとりをもとうが次があることに変わりはない。 動いている時間は一緒だ。

時間頼りに来ていただいているお客様が多い。頑張って スキル をあげていこう!! 

 

 

 

 

しかし、このデカいのは、、物理的にスキルとかではないな。。。。    

1486547201574.jpg

忍耐力とでも言おうか。。。    

 

さぁ やるぞ!!  

 

 

 

 

 

近況

今月は本当にみんな頑張ってくれている。 従業員はもちろん、今回は多方にいろいろと力をかりている。 本当にありがたいことだ。 わかっていることではあるが、こういった場面では再認識させられることも多々あり自分の気持ちに追い打ちをたてる良い機会となったし、頼もしさとうれしく思う気持ちさえも沸いてくる。

 

こういった変化は、しっかりとチャンスに変えていかないといけないな。   まずは協力してもらった方々本当に有難うございます。 

 

さて、最近の出来事だが、まぁなにかとバタバタやっている。  バス全Pの2台目メルファのペイントが終わった。 仕上げが楽そうだ。

1485561988626.jpg

1485166334123.jpg

 

本業以外では

古くなった2柱リフトを入れ替え、去年の暮れに設置を開始した4トンリフト。 こまごまとした部品欠品あっていまになってようやく稼動となった。   設置していただいた業者も苦労していた様子。  お疲れ様。  それにしても電話口でただただ対応していたメーカーの人間はもう少し頑張ってもらいたかったな。   

1483675106076.jpg

 

 

一緒にうつっていたのが、一応展示用となるトレーラーと、セットでの中古艇。  頑張ってかせいでもらう予定だが。  中古艇は、新しいレイアウトでデッキの作製をしたがどうだろう。

1485562200706.jpg

 

オーバーPSのエンジンはオフセットさせて取り付け、改造申請へ。 

1485166296173.jpg

 これもだうなんだろうか。。。  一度試運転にいったが、気をつけたほうがよさそうだ。

 

 

 

 

たまの休日には、最近息子とのファミレスの朝食にハマっている 笑

1485562120290.jpg

1485562092738.jpg

朝からこんな感じだが、ちょつと食べすぎかもしれない。。  デブまっしぐらか。。。

 

だが、ちゃんと運動もしている。 先日バンガローへキャンプで宿泊がてら、子供たちをつれてドイツ村の芝生ゲレンデでソリをしてきた。 ここは降りた後は足で登るしかなく、時間制限もあって、走る必要がある。  生命に危機を感じるくらい疲れてしまった。。。

1485563975219.jpg

1485564020551.jpg

だけど、本気で楽しかった!

 

そして去年よりすこしづづではあるが進めている総合商社様商品の取り扱いについて、少しだけ紹介したいと思う。

最近ではSNSでかなりの頻度でみかけるこのような商品。 輸入品もそうだが、国内メーカーのほとんどの商品の販売が可能となった。

1485564810129.jpg

1485564838524.jpg

1485564862822.jpg

1485564871531.jpg

1485564895870.jpg

1485564879962.jpg

自動車、オートバイ関連、ステレオ、ナビ、電球、カメラ、OA機器、マリン用品、サイクリング等々、「あれほしい」「これほしい」など何かあればお声賭けしてみてください。

とれないものがないくらい多岐にわたって当たれると思います。   

 

もともとは産業機械へのサービスの参入が基盤にあるのだが、販売体制、販売力もつけないといけないみたいだ。 当面それどころじゃなさそうだがもっと年をとってしまう前に、ストイックに頑張ってみたいと思う。

みんなも頑張っていこう!!  

 

   

 

 

ダンプ シリンダー ホイスト

今日は、2トンダンプホイストシリンダーのオイル漏れ修理だ。  

 

いつもすんなりと外れるはずのシリンダーシャフトが今回は、メチャクチャ固く、何をしても外れない。。  いろいろな合間でのこともあるが、格闘すること数日が過ぎてしまった。  

 

ダンプのビームごと外し、要約外れたが、それにしても異常だ。

1485166392629.jpg

 

 

ホイストーシリンダーよりシャフトを抜き、問題のシール類を交換していく。

1485166349067.jpg

1485166362523.jpg

 

ピストンのシールと、ヘッドのシールを交換したが、 やはり外すときの硬さがきになり、シャフトを検査した。  

 

そうすると、 若干ではあるがシャフトが湾曲状にまがっていた。  そして、シャフトのつくビームは、ダンプボデーにボルトで締め上げられていたため、気付かなかったが、ビーム自体もよじれていた。 これをボルトで締め上げ、シャフトをドッキングした際、ダンプ全体が若干よじれていたということになるが、どこかで相当な力がかかったのだろう。

 

現状でなんとかしてあげたいのだが、今回はビーム、シャフトの部品を交換するしかなさそうだ。

 

大げさだが、トラックは経済を担う重要な道具ですから。。 しっかり直して、またまた現場で活躍させてあげましょう!!   

 

それとダンプホイスト作業時にはくれぐれも体を挟まれないよう気をつけて。 シリンダーなしで落ちてきたらと思うとゾッとする。 

 

バス塗装

新年があけ、息つく間もなくすでに1月の中盤へ入ってしまった。  久しぶりの綱渡り状態だ。   シャンパンゴールドへの色換装を終えたファイターに続いて、新たにメルファの全塗装を着手。   

1484609046361.jpg

1484609027233.jpg

もう一台の大型バスは、リッド類のパーツのレストアを先行し、その他トラックボデーの床板、ネタ換装作業も2台すすめている。

1484609194448.jpg

1484609204912.jpg

1484609019058.jpg

続いて大型バス ガーラのリヤ廻り追突事故修理

1484609096170.jpg

1484609112831.jpg

あやうく朝になるところだった(笑)

今回は、派遣会社からの派遣作業員を3名、3日間にわたり、派遣した。 1名、いわゆる「バックレ」もありながらだったが、みんな本当に頑張ってくれた。  

ラジオで、「今日仕事バックレて東京オートサロンにきました!!」なんて、ヤツがいたが、違うよな。。。。

 

来週は、「湯浅」との打ち合わせもあり、その後、やることが山積みだ。   異例の状態だが、みんな頑張っていこう!! 

 

 

 

 

 

※トラック、バスの 車検、ボデー修理、板金、塗装 なら井上自動車工業株式会社まで!!

 

 

   

本年も宜しくお願い致します。

あけましておめでとうございます。

 

当社は5日より仕事はじめ、ありがたいことに年始より予定もいっぱい、やることもいっぱい。 2017年、気持ちも新たに井上自動車スタッフ一同、サービス向上に努めて行きたいと思います。

 

当社現場では、バスの全塗装が3台。 他、大型バス2台の板金と、バス5台が同時に入庫した。 初の試みだが、必ず今後の糧となる。 新たな実績をふやしてきたい!!

1483675073999.jpg

 

 

 

さて、改めましてお世話になりました関係各社様、2017年も変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い致します。

 

同時にこのブログをみていただいているみなさん、そして関係する皆様にとって、すばらしい一年になることをお祈りいたします。

 

 

 

2016年 最終日 

今年も残すところわずかとなりました。 まさに年の瀬といった感じだが、山場はもう過ぎた 笑

 

先日から行っていた中型バスのフレームリペアも昨日、メーカー点検へ持ち込み、全ての穴、亀裂、錆びを隈なくチェック。国土交通省への書類も製作し、「運行停止」は免れた。     豊くんやったね!! 

1482968110679.jpg

 

 

 

そして、実はもう一台フレームの修理を行っている。 11mの大型路線バズのFサスペンション部のフレーム座靴だ。

1482970148698.jpg

大分腐食が進行している。  フロント側はレベリングバルブが1つのため。フレーム~サス間の板増しはできない。 既存の形で強度をもたすしかないわけだ。

フレーム裏表側面側にリブを追加し補強。 サス面も6mm板にフレームの中に極太アングルを長めにもぐらせた。 絶対に折れない。

 

1482968058982.jpg

久しぶりに作業をしたせいか、筋肉痛が3日もとれない。 筋肉痛というより筋を痛めているみたいだ こんなハズじゃないんだが・・・笑 

 

続いて、大型バスのフルレストア、中型バスのオールペンと続くが、年内はもう打ち止め。   当社は今日が最終日なのだが、終わらせられるものは終わらせて、夕方以降は有意義な時間をすごしていこう!!

 

本年、お世話になりましたお客様、業者様、本当に有難うございました。 まだまだ至らぬ点などありますが、今後も、より一層サービス対応の強化に努めていく所存です。 どうぞ来年も宜しくお願い致します。

 

よいお年を!!!!

 

バス床下腐食・・・重大事故のおそれ・・・ 

最近、重大事故の恐れがあるとして、バス床下腐食の点検促進を呼びかけている。   状態によっては国土交通省より運行停止となってしまう。

 

当社でも、バスの持込車検では、ガッチリ30分以上も下回りをチェックされた。    実際に修理を施さないと運行できない、いわゆる「運行停止」を通知されたユーザー様は多いようだ。   高額な費用または修復不可能のケースがあり、対応に苦慮している。

 

フロント、リヤともに、サスペンションを支える一番重要な部位が腐食し、最悪の場合にアームごと崩れる形になる。  調べると実際の事故も起きているようだが。

1078999.jpg

 

いまやバス業界では、その需要の高さからか新車の納期が1年待ちで、中古バスの売買、トレードが盛んにおこなわれているが、運行業者様においてはこの部分は注意が必要だ。  実際に見た目を綺麗にしても、車検時に運行停止になる可能性が高い。  安い買い物でないだけに、そこに修理費用がかさむと死活問題にもなりかねない。  

 

そして整備業者においても、ジャッキUP時にセンターメンバーが座屈するなどのダメージもある。  十分に気にをつけてもらいたい。

 

実は現在当社にて一台 当該作業を実施している。 

1482311397040.jpg

1482311387694.jpg

1482311406474.jpgのサムネール画像

 腐食部は全て切開し、新たに6mmの鉄板をパッチししたり、フレーム形状にリブを作製し補強をかけ防錆処置をしていく。   6mmの鉄板というのがなんとも厄介。 加工が容易じゃない

多くのお客様が乗車する車両。 少しでも安全を提供できるようシットリガッチリ固めていきたいと思います。

 

大分恒例の年末感が出てきたが、今年はほとんどの車両が終わりそうもない。  そんな中、取引商品の打合せや、来年1月分の作業打合せなどはなんとか残りの数日でこなして行きたいと思う。   みんなも頑張っていこう!!   

 

 

    

トレーラー販売、メンテナンス、カスタム

今回は、ブラストトレイル製商品のご紹介。  マリンジェット、ボート用トレーラー、またボート用品、消耗品などを扱っているのだが、当社でその販売をさせていただくこととなった。   関連部品、消耗品、またマリン系 ボートパーツなどの販売もおこなっていく。

1481949069517.jpg

1481949085902.jpg

 

もちろん当社でのメンテナンスや、カスタムなども可能。  サービス詳細は追ってUPさせていただきます。

 

車を使った遊びは多岐にわたると思うが、SUVに牽引トレーラーでの車中泊や、マリン系スポーツなどやはりアウトドア系の遊びとしては醍醐味ではないだろうか。

 

とつきずらい、などのイメージもあるが、気軽にできる遊びとしての商品選択をし、サービスを展開していきたいとも思う。

 

「車で遊ぶ」をキーワードにサービスを展開できたらと思う。 詳細は別途UPしていく予定なので是非みてほしい!!  

 

 

    

超広角カメラ

今日は、新商品「超広角車載バックカメラ」の説明で、ジェットイノウエさんにご来店いただいた。

1481876104382.jpg

 

読んで字のごとく「超広角」な商品だ。   実際にその機能を拝見したのだが、かなり優れている。 この手の商品では三菱電機さん、クラリオンさんなどが有名だが、機能、価格ともに上をいっている。

 

画角では水平160℃、垂直120℃と抜群の視界を得られるため、普段バック時の視界に懸念のあるドライバーの方にはお勧め。  さらに助成金の対象商品のようだ!!    

 

視界の悪い箱型トラックなどの後退時の事故を受けて、バックカメラ装着の義務化が進んでいる中、もってこいの商品だと思う。  

1481877276696.jpg

当社にて納入、取付け対応可能です。  

 

これで少しでも事故が減少すれば尚嬉しいことだ。  

 

1  2  3  4
ページトップへ戻る